お知らせ

【9/17(土)】日本酒「神都の祈り」抜穂祭 〜稲刈り体験〜

日本酒造りに参加!酒米の稲刈り体験で日本の文化を感じよう 日本酒「神都の祈り」は三重県伊勢市にある皇學館大学の学生と農業生産法人松幸農産が協力して、 カケチカラ発祥の地三重県明和町で育てた酒米「神の穂」を、明和町の酒蔵「旭酒造」、 伊勢市の酒蔵「伊勢萬」が、伊勢平野が潤す櫛田川・五十鈴川の伏流水を使って醸造した、地元100%の日本酒。 自然の恵みに感謝し、「神に祈り捧ぐ酒」です。 今回の体験は、その神都の祈りの原料となる、酒米「神の穂」の収穫です。 皇學館大学の学生による「抜穂祭」を見学したあと、実際に田んぼに入って稲刈りを行います。 稲刈りの後は、野上がりとして、みんなで、お酒用のお米ながらも美味しい酒米「神の穂」を食べてみます。 お米づくりから、日本酒づくりへ。 日本人が古来より大切にしてきた文化を体験します。 日時 令和4年9月17日(土)13:00~16:00 内容 神事見学 抜穂祭(13:00~13:45)稲刈り体験[刈り取り、はざ掛け](14:00~15:00)ふるまい[酒米ごはん、豚汁](15:00~16:00)※内容は変更する場合があります。 受付時間 12:30~12:50 料金 大人:2,000円(神都の祈りの小瓶1本付き)20歳未満:500円(お酒なし/中学生以下保護者同伴)※体験料、保険料含む 駐車場 〒515-0346 三重県多気郡明和町前野1320−5 ぶどう園横駐車場 持ち物 動きやすく汚れてもいい服・靴(長袖長ズボン・長靴推奨)、軍手、帽子、タオル、飲み物、マスク(新型コロナウイルス感染症対策)、その他各自必要なもの お申込み方法 インターネット申し込み(こちらをクリック) 個人情報保護方針 お申込み期間 9月15日(木)18時まで 支払い方法 当日現金払い 定員 20名 中止連絡 悪天候・その他不可抗力により実施不能の場合は、当日朝10時までにメールにて連絡いたします。※中止の場合、延期はございません。 イベントに関するお問い合わせ 一般社団法人明和観光商社 TEL:0596-67-6850(営業時間:月~金/10:00~17:00) 新型コロナウイルス感染防止対策とお客様へのお願い 当イベントは、旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第3版)に則って実施いたします。 ※新型コロナウイルス対策として、施設や飲食店の中へ立ち寄りの際は、混雑を避け、こまめな手洗い・手指の消毒、マスクの着用等にご協力ください。 ※新型コロナウイルス対策として、参加者様が以下の事項に該当する場合は、参加を見合わせていただきます。 ・ 37.5度以上の発熱がある場合 ・強い倦怠感や息苦しさがある場合 ・普段より咳、痰がある、咽頭痛などの症状がある場合 ・味覚、嗅覚に異常を感じる場合 ・家族や同居人、身近な知人に感染が疑われる場合 ・基礎疾患等があり、体調に不安のある場合 ※新型コロナウイルス感染拡大の際は、イベントを中止する場合があります。 駐車場 〒515-0346 三重県多気郡明和町前野1320−5 ぶどう園横駐車場 【電車でお越しの場合】近鉄斎宮駅より、タクシーで10分。近鉄松阪駅より、タクシーで20分 【車でお越しの場合】伊勢自動車道『玉城インター』から、車で20分 ■松阪方面より、中村3の信号を右折、3つ目の記号を左折、黄色い看板を右折⇒これから村 ■伊勢方面より、中村3の信号を左折、3つ目の記号を左折、黄色い看板を右折⇒これから村

神社で日本初、NFTを活用した地域文化のデジタル実装に向けて、NFT「竹神社デジタル御朱印」の頒布を2022年8月より開始します。

〜トークングラフによる地域の特色ある文化芸術振興を目指して〜 明和町の観光地域づくりを推進する一般社団法人明和観光商社(三重県明和町、代表理事:千田良仁)は、株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)のHAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)と博報堂行動デザイン研究所、およびNFTサービスの開発を行うCryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤孝太)と共同でNFTを活用した地域文化のデジタル実装に向けて4度の実証実験を行ってきました。このたび有効性の検証を完了し、竹神社において御朱印をデザインしたNFT「竹神社デジタル御朱印」の頒布を8月より開始します。 テクノロジーが進展し、観光分野においてもデジタルトランスフォーメーションが加速しています。これまで観光の体験価値はリアルな場で生まれることが前提でしたが、これからはデジタル技術も複合的に活用しながらリアルな観光の体験価値をさらに高め、新たな観光需要を生み出していくことが地方創生の観点からも重要になってくると考えます。 そのような状況に対応する施策の一つとして、ブロックチェーン技術を活用した多様なサービスを展開するHAKUHODO Blockchain Initiativeと、生活者の新しい行動習慣を作り出すための研究と実践を行う博報堂行動デザイン研究所がその知見・経験を掛け合わせ、NFTサービスの開発を行うCryptoGamesと共同で、明和観光商社が支援する三重県明和町の竹神社の御朱印NFT「竹神社デジタル御朱印」の開発をすすめてきました。 これまで4度の実証実験を行い、有効性の検証も完了したことから 、竹神社において御朱印をデザインしたNFT「竹神社デジタル御朱印」の頒布を8月より開始します。 博報堂行動デザイン研究所が制作した竹神社の花手水をモチーフとした御朱印NFTを、CryptoGamesが提供するNFT配布ソリューション「NFT Airdrop」を利用して発行します。竹神社社務所において申し込まれた方にお示しするQRコードをスマートフォンで読み込むことで、専用ページを通じて御朱印NFTを受け取ることができます。 日 時:2022年8月~2023年7月の土日、満月の日場 所:竹神社(三重県多気郡明和町斎宮2757-2)内 容:QRコードの読み取りによる「竹神社デジタル御朱印」の頒布。ご参拝頂いた証をデジタルでも残せる「竹神社デジタル御朱印」を1枚につき1度頒布いたします。絵柄は毎月変わり全部で12種類あります。注意事項:◆入手いただくにはスマートフォン及びSNSアカウント(Google、LINE、Twitterなど)が必要です。※一部機種の古い端末など、ご利用頂けないケースもご容赦ください。 【竹神社デジタル御朱印の受け取り方法】 1)竹神社に掲示されたNFTAirDropのQRコードを読み取り、NFTStudioのページからログインボタンを押します。※すでにウォレットをお持ちのユーザー様は無料配布対象ページの「Get free NFT」ボタンを押して、NFTをお受け取りください。2)ログイン画面からウォレットの接続ボタンを押し、「Google・Twitter・Discord」のいずれかを選択し、アカウントの保護設定・認証手続きを行います。3)認証が確認されるとマイページが表示されますので、無料配布対象ページに戻り、「Get free NFT」ボタンを押して、NFTを受け取ります。詳しくは下記の受け取り方法マニュアルをご参照ください。・受け取り方法マニュアル NFTとは NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、ブロックチェーン(分散型台帳)を活用したデジタル署名によって、デジタルコンテンツがコピーでないオリジナルであることを証明できる技術です。従来であればオンライン上などにデジタルで存在するコンテンツは無限にコピーが可能でしたが、NFTによって唯一無二なモノにできるようになったことで、希少性のコンテンツとしての価値を持つようになってきています。 竹神社について 明治44年(1911)、旧斎宮村にあった25社の神を合祀して誕生した神社。長白羽神をはじめ、この地域の多くの神様をお祀りしており、社地は天皇に代わって伊勢の神宮を支えた斎王ゆかりの地とされています。元は竹川の古里にありましたが、明治時代に野々宮が祀られていた現在の場所に移動してきた歴史があります。周辺からは平安時代の大規模な塀列や掘立柱建物の跡が発掘されたため、斎王の御殿があった場所ではないかといわれており、観世流の謡曲「絵馬」にちなんだ絵馬殿にあった絵馬が、現在この神社に保管されているのも特筆すべき点です。土曜日、日曜日、満月の日に限り社務所が開いており、竹神社の御朱印や小さなお守りなどの頒布を行っています。 社号:竹神社住所:三重県多気郡明和町斎宮2757‐2URL:https://www.town.meiwa.mie.jp/NFTStudio 竹神社の花手水:https://nft-studio.com/user/0xc7e381ee257911829751c7eda4e04fea111ad27b/?chain_type=3 今後に向けて 現在、Web3と呼ばれるブロックチェーン技術を活用したデジタルコミュニティが注目を集めており、新たな時代に対応した地方活性化の1つの施策としてNFTの活用が進んでいます。三重県明和町では明和観光商社と地域コミュニティが中心となり共助による地域づくりのあり方を模索する取り組みを推めており、NFTをイベント時に活用することで人々の生活領域における支え合いやデジタル技術の活用を促進することを目的として本取組を企画しました。本取組を1つの事例として各地方自治体に展開し、地域コミュニティにおけるNFTの活用の利点や注意点を啓蒙することで多角的な視点から地域の文化とデジタル技術の活用のあり方が検証できると考えられます。また、今後のロードマップとして地域住民の皆様からアート作品や写真を公募し、メタバース空間における展示を行い、遠方に住まう人々にも明和町の魅力を届けるといった企画も予定しており、中長期的な取り組みを通じて、リアルとデジタルが溶け合うコミュニティを活用した地域の活性化を各組織が連携して行ってまいります。私たちは将来的なNFTの社会実装を見据え、地域における様々な観光資源をデジタルコンテンツ化して利用を促進し、そのことがより一層の地域社会の価値向上に繋がるよう中長期的な企画運営に努めてまいります。 【「日本初」の表記について】・自社調べとなります。・調査年月(2022年7月)・日本国内における「神社でのNFT御朱印」として調査しています。

レンタサイクルGW期間営業日のお知らせ

斎宮駅周辺ではレンタサイクル(eバイク)の貸し出しを行っています。春の陽気が心地良いゴールデンウィークは絶好のサイクリングシーズンです! 快適な気候の中、ご家族やお友達と一緒にお散歩気分で明和町を走ってみませんか?お気軽にお問い合わせください!ご利用の際は、下記のレンタサイクルのGW期間中の営業日・営業時間・貸出場所をご確認ください。 GW期間中の営業日 ※【】の中は貸出場所。最終返却時間は16:00まで。 4月 ・29日(金)休み ・30日(土)10:00~15:00【竹神社】 5月 ・1日(日)10:00~15:00【明和観光商社】 ・2日(月)10:00~15:00【明和観光商社】 ・3日(火)10:00~15:00【明和観光商社】 ・4日(水)休み・5日(木)10:00~15:00【竹神社】 ・6日(金)10:00~15:00【明和観光商社】 ・7日(土)10:00~15:00【竹神社】 ※前日午前10時までの事前予約制(じゃらん、電話) ・8日(日)10:00~15:00【竹神社】  ※前日午前10時までの事前予約制(じゃらん、電話) ●GW期間中のご予約・お問い合わせの連絡先●  明和観光商社:0596-67-6850(つながらない場合は080-4224-6850におかけください) ●料金● 1時間500円、終日2,000円●受付時間●10:00~15:00(最終返却16:00まで) ●貸出場所所在地● 一般社団法人明和観光商社:三重県多気郡明和町斎宮3039-2 2階(斎宮駅南口前。明和タクシーさんの左にある白い建物です) 竹神社:三重県多気郡明和町斎宮2757-2 竹神社社務所(駅から徒歩5分)       ●備考● ①レンタルの際は免許証、保険証、学生証、パスポート等の本人確認できるものをご提示ください。 ②ヘルメットの着用が必要です(ヘルメットは無料で貸し出しいたします) ③乗り捨てはできません。 ④対象は中学生以上(中学生は保護者同伴利用に限ります) ⑤適正身長目安は155㎝以上です ⑥自転車の台数に限りがありますので事前の予約をおすすめいたします。 明和観光商社 体験ページ:https://dmo.hana-meiwa.jp/activity/

明和観光商社とCryptoGamesがNFTを活⽤した地⽅創⽣・地域活性化に向けて「竹神社デジタル御朱印」を無料配布する2回⽬の実証実験を実施。

〜前回に引き続き、博報堂がNFTの企画、デザイン制作を⽀援〜 明和町の観光地域づくりを推進する⼀般社団法⼈明和観光商社(三重県明和町、代表理事:千⽥良仁)は、ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を⾏う、CryptoGames株式会社(東京都渋⾕区、代表取締役:⼩澤 孝太)とともに、株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社⻑:⽔島正幸)のHAKUHODO Blockchain Initiative(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)と博報堂⾏動デザイン研究所より企画、デザイン協⼒を受け、同町・⽵神社の御朱印をデザインしたNFTを、紙の御朱印を授けられた⽅に無料で配布する2回めの実証実験を4⽉17⽇(⽇)に実施いたします。 テクノロジーが進展し、観光分野においてもデジタルトランスフォーメーションが加速しています。これまで観光の体験価値はリアルな場で⽣まれることが前提でしたが、これからはデジタル技術も複合的に活⽤しながらリアルな観光の体験価値をさらに⾼め、新たな観光需要を⽣み出していくことが地⽅創⽣の観点からも重要になってくると考えます。 そのような状況に対応する施策の⼀つとして、ブロックチェーン技術を活⽤した多様なサービスを展開するHAKUHODO Blockchain Initiativeと、⽣活者の新しい⾏動習慣を作り出すための研究と実践を⾏う博報堂⾏動デザイン研究所がその知⾒・経験を掛け合わせ、NFTサービスの開発を⾏うCryptoGamesと共同で、明和観光商社が⽀援する三重県明和町の⽵神社の御朱印NFT「⽵神社デジタル御朱印」の開発をすすめており、4⽉17⽇(⽇)に2回⽬の実証実験を実施いたします。 今回の実証実験では、博報堂⾏動デザイン研究所が制作した⽵神社の花⼿⽔をモチーフとした御朱印NFTを、CryptoGamesが提供するNFT配布ソリューション「NFT Airdrop」を利⽤して発⾏します。満⽉参りの⽇である4⽉17日に⽵神社を参拝し紙の御朱印を授けられた⽅が、⼀緒に渡されるQRコードをスマートフォンで読み込むことで、専⽤ページを通じて御朱印NFTを無料で受け取ることができます。 本実験を通じ、御朱印NFTの受容性と、リアルとデジタルを融合した新たな地⽅創⽣施策としての有効性を検証していきます。 <実証実験概要> ⽇ 時:2022年4⽉17⽇(⽇)10:00〜19:00 場 所:⽵神社(三重県多気郡明和町斎宮2757-2) 内 容:QRコードの読み取りによる「⽵神社デジタル御朱印」の無料頒布。満⽉参り限定御朱印を⼊⼿された⽅に、ご参拝頂いた証をデジタルでも残せる「⽵神社デジタル御朱印」を1枚につき1度頒布いたします。 注意事項: ◆実験にご参加いただくにはスマートフォン及びSNSアカウント(Google、LINE、Twitterなど)が必要です。 ※⼀部機種の古い端末など、ご利⽤頂けないケースもご容赦ください。 ◆ご参加頂いた⽅全てに「⽵神社デジタル御朱印」の⼊⼿を保証するものではありませんのでご容赦ください。 <⽵神社デジタル御朱印の受け取り⽅法> 期間中に⽵神社にご参拝された⽅限定で「⽵神社デジタル御朱印」を無料で配布いたします。 1)⽵神社に掲⽰されたNFTAirDropのQRコードを読み取り、NFTStudioのページからログインボタンを押します。 ※すでにウォレットをお持ちのユーザー様は無料配布対象ページの「Get free NFT」ボタンを押して、NFTをお受け取りください。 2)ログイン画⾯からウォレットの接続ボタンを押し、「Google・Twitter・Discord」のいずれかを選択し、アカウントの保護設定・認証⼿続きを⾏います。 3)認証が確認されるとマイページが表⽰されますので、無料配布対象ページに戻り、「Get free NFT」ボタンを押して、NFTを受け取ります。 詳しくは下記の受け取り⽅法マニュアルをご参照ください。 ・受け取り⽅法マニュアル <NFTとは> NFT(Non-Fungible Token:⾮代替性トークン)とは、ブロックチェーン(分散型台帳)を活⽤したデジタル署名によって、デジタルコンテンツがコピーでないオリジナルであることを証明できる技術です。従来であればオンライン上などにデジタルで存在するコンテンツは無限にコピーが可能でしたが、NFTによって唯⼀無⼆なモノにできるようになったことで、希少性のコンテンツとしての価値を持つようになってきています。 <⽵神社について> 明治44年(1911)、旧斎宮村にあった25社の神を合祀して誕⽣した神社。⻑⽩⽻神をはじめ、この地域の多くの神様をお祀りしており、社地は天皇に代わって伊勢の神宮を⽀えた斎王ゆかりの地とされています。元は⽵川の古⾥にありましたが、明治時代に野々宮が祀られていた現在の場所に移動してきた歴史があります。周辺からは平安時代の⼤規模な塀列や掘⽴柱建物の跡が発掘されたため、斎王の御殿があった場所ではないかといわれており、観世流の謡曲「絵⾺」にちなんだ絵⾺殿にあった絵⾺が、現在この神社に保管されているのも特筆すべき点です。⼟曜⽇、⽇曜⽇に限り社務所が開いており、⽵神社の御朱印や⼩さなお守りなどの頒布も⼟曜⽇、⽇曜⽇に限り⾏っています。 社号:⽵神社 住所:三重県多気郡明和町斎宮2757-2 URL:https://www.town.meiwa.mie.jp/ NFTStudio ⽵神社の花⼿⽔ <⽵神社 御朱印NFT配布実証実験の実施と今後に向けて> 現在、Web3と呼ばれるブロックチェーン技術を活⽤したデジタルコミュニティが注⽬を集めており、新たな時代に対応した地⽅活性化の1つの施策としてNFTの活⽤が進んでいます。 三重県明和町では明和観光商社と地域コミュニティが中⼼となり共助による地域づくりのあり⽅を模索する取り組みを推めており、NFTをイベント時に活⽤することで⼈々の⽣活領域における⽀え合いやデジタル技術の活⽤を促進することを⽬的として本取組を企画しました。本取組を1つの事例として各地⽅⾃治体に展開し、地域コミュニティにおけるNFTの活⽤の利点や注意点を啓蒙することで多⾓的な視点から地域の⽂化とデジタル技術の活⽤のあり⽅が検証できると考えられます。また、今後のロードマップとして地域住⺠の皆様からアート作品や写真を公募し、メタバース空間における展⽰を⾏い、遠⽅に住まう⼈々にも明和町の魅⼒を届けるといった企画も予定しており、中⻑期的な取り組みを通じて、リアルとデジタルが溶け合うコミュニティを活⽤した地域の活性化を各組織が連携して⾏ってまいります。私たちは将来的なNFTの社会実装を⾒据え、地域における様々な観光資源をデジタルコンテンツ化して利⽤を促進し、そのことがより⼀層の地域社会の価値向上に繋がるよう中⻑期的な企画運営に努めてまいります。 ■ CryptoGames株式会社 会社概要 NFTサービスの開発を⾏うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6⽉25⽇に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時⽇本最⾼記録となりました。2020年6⽉には初の地上波テレビCMも実施しました。2021年3⽉にクレジットカード決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4⽉に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。 社名: […]

明和町 レストランバス 貸出&予約受付中!

※この事業は終了いたしました。ご利用ありがとうございました。 明和町にラッピングされたレストランバスがやってきました!(期間限定) このレストランバスの使い方は2つ。 <貸切> 使い方は自由!パーティーも良し!観光も良しご自由にお使いいただけます。 価格平日…半日(6時間以内)\30,000 1日(12時間以内)\60,000 土日祝…半日 \50,000  1日 \100,000  ※ガソリン代別(実費)※用途について料金等応相談※ルートについては要相談になります(アケミ交通有限会社090-2266-6735)定員 最大25名(コロナ禍14名程度) <ツアー> 明和町の飲食店さんが料理を出していただき、明和町内をまわるコースを予定しています。ご食事を出していただく飲食店さん(2022年1月28日現在)2021年11月29日(月) レストランRyu 済 2021年11月30日(火) レストランRyu 済2022年1月15日(土)  toi toi toi 済2022年1月16日(日)  しもい水産 済2022年1月19日(水)  ミエルジャルダン 済2022年1月22日(土)  しもい水産 済2022年1月25日(火)  toi toi toi 済 【申し込み】 ※応募者多数の場合は先着となります。・受付期間 2022年1月5日(月)9:00~2022年1月7日17:00・申込方法 明和観光商社に電話(0596-67-6850) 全コース(税込)4,850円 コースにつきましては後日お伝えいたします。定員 8~12名(店舗により異なります) お問い合わせは TEL 0596-67-6850 まで